Blog

カナダ・トロント通信 March, '08

┏ Hello!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

 ■メープル・エデュ発 カナダ・トロント通信■
  -トロント在住カウンセラーNatが出会った人たちや
                   学校紹介をMonthlyでお届けします-

                          Vol. 41, March 2008
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━www.mapleedu.com┛



■スプリング■―――――――――――――――introduction
サマータイムになると、もうすぐトロントの街中に“スプリング”が訪れる気配が感じられるようになりました。緑色の“St. Patrick’s Day”を祝うグッズやウサギの形をしたチョコレートをたくさんみかけます。

今週の土曜(3月15日)は、“St. Patrick’s Day”。ダウンタウンのパブに行くと緑色のビールを飲むことができます。翌日(3月16日)はオフィス近くのヤング×ブロア周辺で“St. Patiric Day”パレード(www.topatrick.com)が行われます。バグパイプ演奏やアイリッシュダンスを観ることができます。

来週の日曜(3月23日)は、ビーチ地区で午後2時から“Easter Parade(www.toronto.com/other/event/604000)”があります。

いよいよトロントニアンが待ちに待った“春”そしてすぐ“夏”がやってきます。今年の冬は雪やストーム続きの15年ぶりの“ワースト・ウィンター”だっただけに、例年より増して“スプリング”の訪れが楽しみです。


さて、今回のコラムはこちら↓



■The Time of My Life ■―――――――――――――――――essay
「人生の中で一番楽しいと感じる瞬間(“The Time of My Life”)」はどんな時ですか?80年代にヒットした同曲名の歌がテーマソングとなっているトロントで上演中のミュージカル、“Dirty Dancing”の主人公フランシスは、ジョニーと踊っている瞬間にそう感じたはず。私にとっても“人生の中で一番楽しいと感じる”瞬間は、好きな音楽に合わせて体を動かしている時。今回は、そんな時間をいつも共有し隣で幸せそうに踊るブラジル人の友人、ルシアナをご紹介します。

日本人の祖父を持つルシアナの苗字は、”ツジノ”。スペインやポルトガルの血もひく彼女は普段は物静かで親しみやすい性格。ドラムの音や音楽が聞こえてくると周りを気にすることなく踊りだす彼女はやはりブラジル人。母国でドイツ文学の学位を取得後、浜松にある出版会社に就職のため渡日。日本で出会ったカナダ人のご主人と2004年にトロントに来るまでの約8年間、日本で活躍するブラジル人や日本の技術、貿易やファッションに関する記事をブラジリアン・コミュニティー向けの雑誌“Look”に書き、ジャーナリストとしてのキャリアを積みました。トロントでは、ハンバーカレッジで“Public Relations”の1年コースを終了。現在カナダ政府が設立したNPO法人“SEDI (Social and Enterprise Development Innovations)”で働く彼女は、ジャーナリスト時代に「常に探究心を持ち、限られた時間の中で記事を仕上げるプレッシャーと向き合っていた為、今では大手銀行CEOとの“企業の社会貢献”についてのミーティングもこなすことができる」と言います。

みなさんも“楽しいと感じる瞬間”を体験しにトロントに来られてはいかがですか?ルシアナのように“オンとオフの切り替え”をしながら、次の経験へと繋がるような
貴重な経験をしましょう。


■Local News■―――――――――――――――――bitsマガジン
カナダやトロント市内で起きた出来事をダイジェスト形式で紹介します。

☆カナダ人の大半「いつまででも働きたい」☆
カナダ最大の銀行、ロイヤル・バンクがこのほど実施した世論調査の結果、カナダ人の多数が「年齢的に退職すべき時がきても、可能な限り働き続けたい」と考えていることがわかった。同調査では回答者の56%が「働ける限りいつまででも働きたい」と答えているという。55歳以上の回答者に絞り込むと、「いつまででも働きたい」と答えているのは43%に下がっている。また、82%の人々が、「いわゆる退職年齢がきても、働くつもりだ」と回答している。

☆アフリカン・カナディアン系公立教育機関設立へ☆
トロント地区の教育委員会は1月29日、アフリカ系住民の子弟を中心とした公立学校の設立を認める決議を採択した。長い間、保護者、生徒、教師、教育委員会、そして世論を巻き込んで議論し続けられた問題に、この日とうとう決着がついた。

策定された4つの革新的な計画(09年9月までに学校の設立、アフリカ系人種のための特別カリキュラム等)によって、およそ40%におよぶ黒人生徒のドロップアウトに歯止めをかけたいとしているが、いまだ解決すべき点は多いとされている。

☆トロントでの08年インディカーレース中止☆
フォーミュラカーをしようした四輪レースとして人気のあるインディーカー・シリーズ(IRL)が、今シーズン、トロントとケベック州モントランブランでは開催されないことが2月27日、明らかになった。IRLのトニー・ジョージ社長は「08年は、代わりにアルバータ州エドモントンでの開催を考えている」と語っている。今シーズンからIRLとチャンプカーが統合されるため、米フロリダ州ホームステッドで行われた記者会見には、ジョージ社長とチャンプカーのケビン・カルクホーベン前共同オーナーの両者が出席。ジョージ社長は「09年には再びトロントに戻ってくる可能性が強いが、モントランブランに復帰する可能性は少ない」と述べた。


┏Maple Education Consulting━━━━━━━━━┓
   778 Yonge St. Suite 200
   Toronto, ON. M4Y 2B6 Canada

   www.mapleedu.com
   tel: 1-416-962-8868
   fax: 1-416-962-8818
   email: nat@mapleedu.com
   blog: http://mapleedu.exblog.jp/
 
  ご感想、または各種留学に関するお問い合わせは、
  メープル・エデュケーション留学センター
  金谷夏子までお気軽にどうぞ。
┗━━━━━━━━━━━━www.mapleedu.com━┛
 



Comments